本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,289名
(2022年7月末時点)

03-3299-3330
  • 2022/01/26更新

英語を活かせる仕事とは?職業ごとの必要な英語力を解説

英語が得意な方はもちろん、海外文化に憧れがある方の中で、英語が活かせる仕事に就きたいと考えている人は多いのではないでしょうか。英語を使う場合がある職業の中でも、必要な英語力やスピーキングなのか、ライティングなのかが変わってきます。

この記事では、英語を活用する仕事や業務内容、海外でも仕事ができる国家資格、近年注目されている米国公認会計士(USCPA)についても解説します。

目次
英語が活かせる職業/仕事一覧と英語力
未経験からでも英語を使う仕事
海外でも仕事ができる国際資格
米国公認会計士という選択肢

英語が活かせる職業/仕事一覧と英語力

まずは英語が活かせる職業と英語力を併せて見ていきましょう。


英語レベル

英語力の目安

英語が活かせる職業例

初級レベル

TOEIC400~600点

・飲食店やテーマパークスタッフ

・通関士や入国審査官

・ツアーコンダクター・ツアープランナー

中級レベル

TOEIC600〜700点

・ITエンジニア

・キャビンアテンダント

・外資系金融

・児童英語講師

ビジネスレベル

TOEIC700~800点

・バイヤー

・パイロット

・海外営業

・英語教材の編集・校正

専門レベル

TOEIC800~900点

・英文速記者

・ファンドマネージャー

ネイティブレベル

TOEIC900点以上

・通訳

・翻訳

英語が活かせる職業:初級レベル(TOEIC400~600点)

初級レベルは日常会話ができる程度の英語力で、TOEIC400〜600点、英検2級程度です。

飲食店やテーマパークスタッフ

訪日外国人観光客はコロナ禍を除き増加しているため、外国人観光客が比較的訪れやすい飲食店やテーマパークスタッフでは英語を活かすことができます。

通関士や入国審査官

通関士は財務省が認定する国家資格で、輸出入業者の代わりに通関手続き・申請を行います。

入国審査官は日本を訪れる外国人の出入国審査や在留する外国人の在留資格審査、出入国管理及び難民認定法違反者に対する違反審査及び難民認定に係る調査などを行う仕事です。通関士も入国審査官も基礎的な英語力を求められます。

ツアーコンダクター・ツアープランナー

ツアーコンダクターは添乗員、ツアープランナーは旅行の企画を行います。

行程の案内や現地スタッフとの打ち合わせ、宿泊の手配確認やトラブル対応を行うため、海外旅行の場合はTOEIC600点程度の英語力が必要になります。

英語が活かせる職業:中級レベル(TOEIC600〜700点)

中級レベルは長文が聞き取れ、ある程度英語で意見が言えるレベルです。このレベルになると履歴書でアピールできるようになります。TOEICでは600〜700点、英検では2級A程度です。

ITエンジニア

ITエンジニアに必要な英語力は700点程度が評価指標です。エンジニアリングに必要な情報は英語で書かれていることも多く、読む力も必要になります。

また、エンジニアは他の職種に比べ日本企業内でも外国人が多く、社内のコミュニケーションにおいても英語が使える場面は多いでしょう。

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントの採用試験応募要項には英語資格が記載されています。外国人と接する機会が多いため、リスニング力とスピーキング力が特に求められます。

外資系金融

外資系金融は国内金融よりも高い英語力が求められます。日系企業と比較すると社内の外国人割合が多く、会議や業務内容のメール確認等で英語が使われます。

児童英語講師

児童に英語を教える英語講師はTOEIC600〜700点、英検2級から準1級程度の英語力が必要です。

英語が活かせる職業:ビジネスレベル(TOEIC700~800点)

ビジネスレベルでは複雑な英語に対しても意見でき、TOEIC700〜800点、英検2級A〜英検準1級レベルの英語力で十分にアピールできます。

バイヤー

バイヤーはメーカーや商社との商談業務があり、担当の商品によっては海外とのやり取りがほとんどのケースもあり得ます。通訳をつけずに海外での活躍を目指すならTOEIC750点以上が目安です。

パイロット

パイロットは、フライト時の管制官やパイロット同士のコミュニケーションで英語が使われており、英語が話せて当たり前の職業の一つです。パイロットの仕事にはTOEIC700点以上の英語力は必須です。

海外営業

海外営業として働く場合に英語力は不可欠です。ビジネス会話が重要となり、最低でもTOEIC700〜750点程度、800点以上が望ましいでしょう。

英語教材の編集・校正

英語教材の編集者や校正者は、TOEIC700〜800点の英語力が必要です。教科書や教材においてミスは許されないため、正確な英語力が求められます。

英語が活かせる職業:専門レベル(TOEIC800~900点)

専門レベルでは英語が強みとしてアピールでき、TOEIC800〜900点、英検準1級レベルの英語力です。

英文速記者

速記者とは英語での会議や国際会議の会話を文字に記録する仕事です。会議の会話を瞬時に理解しなければならないため、幅広い知識と高い聞き取り能力が必要です。

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーとは、投資信託の運用を行う専門家です。海外情勢の情報収集のためにも、高い英語力は必須で、転職時にも英語力は見られるポイントになります。

英語が活かせる職業:ネイティブレベル(TOEIC900点以上)

専門レベルでは英語ができる魅力的で稀な人材で、TOEIC900点以上、英検1級レベルの英語力です。

通訳・翻訳

通訳や翻訳を目指す場合はTOEIC900点を簡単に取れる程度の英語力が求められます。

未経験からでも英語を使う仕事

TOEICなどのスコアを上げることだけが、英語を使う仕事に就くための手段ではありません。

TOEICなどの資格は英語力の証明になるため、未経験で英語を使う仕事に応募した場合、有効に働きます。ですが、英語力だけでなく、それを用いてどういった業務が出来るかが重要です。TOEICのスコアが高くない場合でも、英語の実務経験が豊富な方が選ばれるケースもあります。未経験でも募集している求人があるため、できるだけ英語での実務経験を積みましょう。

未経験からの求人は年収が低い場合が多いですが、キャリアアップのためには重要な経験になります。

国内でも海外でも仕事ができる国際資格

国内でも海外でも仕事ができる国家資格には以下のようなものがあります。

  • IELTS
  • 米国公認会計士(USCPA)
  • MBA
  • 公認内部監査人(CIA)
  • 国際会計基準検定(IFRS Certificate)

IELTS

IELTS(通称アイエルツ)は、米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、英国を含む国々に留学や就労する方向けの英語力を測定する、ハイステークスの英語試験です。世界各地で毎年350万人を超える方がIELTSを受験しています。

4つの英語能力(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)を総合的に測定することができます。

米国公認会計士(USCPA)

国際的なビジネス資格である米国公認会計士は、会計だけでなく、ファイナンス、法律、ITなどグローバル人材に必要なビジネス知識を英語で身に付けることができます。

MBA

MBAとは日本では経営学修士と呼ばれ、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。リスニング能力やディスカッションを理解する能力が身につきます。

公認内部監査人(CIA)

公認内部監査人は内部監査人の能力を証明するアメリカ発祥の国際資格で、世界190カ国で有効です。CIAを保有することで国内企業だけでなく、外資系企業でも高く評価されます。

国際会計基準検定(IFRS Certificate)

国際会計基準検定とはIASB(国際会計基準審議会)が策定する会計基準のことです。合格者はIFRSCertificateが発行され、グローバルな会計基準であるIFRSを扱えるという証明となります。

米国公認会計士という選択肢

米国公認会計士はアメリカの資格でありながら、日本及び世界中の様々な業種、職種、年齢の方がキャリアアップの目的で試験にチャレンジしています。アメリカの公認会計士は会計だけではなく、ファイナンスや経済学などを幅広くカバーしており、ビジネスで必要とされる知識を英語で身に付けることが出来ます。

会計業務が未経験の方でも、監査法人だけでなく会計事務所、コンサルティングファーム、大手企業の経理部門などでの活躍が見込めます。働きながら学習できるため、キャリアを中断することなく合格を目指すことができる点も大きな魅力です。

米国公認会計士専門校アビタスなら日本語教材で勉強できる!

米国公認会計士を取得するには英語の能力も問われ、1,200〜1,500時間の学習が必要です。これは資格専門校を利用した場合の時間です。公認会計士よりも難易度は落ちるとはいえ、独学でUSCPAを取得するには多くの時間がかかり大変困難です。

米国公認会計士専門校アビタスなら、日本のビジネスパーソンの短期合格を目的としたオリジナル教材で勉強できます。英語の本試験に備えて英語の専門用語を日本語で説明しつつ、日本語の専門用語も付記することで、実務に直結する知識が身に付きます。

米国公認会計士取得を目指すならアビタスを是非ご活用ください。

まずは無料の説明会にご参加ください。

合わせてお読みください

最近のエントリー

カテゴリから探す