本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数4,616名
(2021年8月末時点)

03-3299-3330

USCPAになるまで

全ては出願州を選ぶところから始まります。USCPA試験は、全米で統一された形式ですが、受験条件やライセンス条件が州によって異なります。ご自身に最適な出願州を選びましょう。

学習開始から合格・ライセンス取得までの流れ

出願州を選ぶ必要があります

USCPA試験の出願時、どの州に出願するかを全米の州の中から選びます。米国では州によって法律が違うので、州ごとに「受験条件」や「ライセンス取得条件」が異なります。州ごとの条件の違いを事前によく確認して、「受験」と「ライセンス取得」に有利な州を選択することが大切です。

試験の難易度やライセンスの価値はどの「州」でも同じです

受験やライセンス取得の条件は州ごとに異なりますが、USCPA試験は「全米統一試験」であり、出願州や受験会場の違いが試験の難易度や合格率に影響を与えることはありません。どの州で合格しても、資格としての価値は変わりません。

受験会場(日本・米国)を選べます

日本国内(東京・大阪)または全米のプロメトリック・テストセンター(約300カ所)から、受験の都度、好きな会場を選べます。欧州、中東、中南米にも会場があります。
NTS(Notice to Schedule;受験票)に記載された6カ月の有効期限内に試験会場を予約し、受験する必要があります。

受験条件は「学位要件」と「単位要件」の2つで構成

下記の2つの要件を満たせば受験できます。現状で、会計単位・ビジネス単位が不足している場合はアビタスの「単位取得プログラム」をご利用いただけば、条件を満たすことができます。

学位要件

4年制大学を卒業していること。
大学在学中や高卒・短大卒の方でも受験可能な州もあります。

単位要件

「会計単位」「ビジネス単位」を一定数以上取得していること
(大学・大学院・短大などで)。

「単位取得プログラム」によりUSCPAの学習と単位認定試験だけで、会計29単位(11科目)・ビジネス24単位(8科目)が取得できます。

USCPA試験にともなう主な費用

州ごとに必要な費用は多少変動しますが、目安は下記となります。(2021年2月現在)

学歴評価手数料

約$100〜$225

初回出願手数料

約$155〜$245

受験料

$597.7(1科目)

試験料$226.15と日本会場手数料$371.55の合計

無料オススメ出願州診断

州によって、受験の条件が異なります。
あなたに合った出願州を簡単に診断ができます。
出願州の選び方がわからない・決められないという方へ!

2営業日以内に最適な出願州をご案内 アビタスの無料単位診断

出願する州によって、受験資格(必要単位数)は様々です。 成績証をお持ち頂ければ、どの程度受験資格を満たしているか、最適な出願州はどこかご案内させて頂きます。