本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,122名
(2022年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

会計があらゆるビジネスの前提であることを痛感し、USCPA取得を決意。

会計があらゆるビジネスの前提であることを痛感し、USCPA取得を決意。

勝部 一志さん

監査法人(Big4) アドバイザリー部門
出願州:グアム

  • 通学
  • 20歳代
  • 国内_通学圏
  • 会計経験無
  • 専門知識を身につける
USCPA 合格時期 ・ 受験回数
  • FAR点数 80
  • AUD点数 87
  • BEC点数 84
  • REG点数 76

USCPAを目指した理由

当時、私は銀行に入社して1年目でしたが、ファイナンスの知識をインプットする過程で、会計があらゆるビジネスの前提であることを痛感し、体系的な学習の必要性を感じました。<

日本の簿記をやろうかと思ったのですが、どうせなら名刺に書ける資格を目指そうと思いUSCPAを目指すことにしました。

アビタスを選んだ理由・メリット

選んだ理由は校舎の雰囲気が明るかったこと、USCPAがメインの予備校のため手厚いサポートが期待できたことです。

実際に予想通りでした。勉強のみならず、単位取得、ライセンス取得、キャリア相談も充実していたのがよかったです。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

「体系的な会計の知識を得る」「それを名刺に書ける証明書を得る」という当初の目標は達成することが出来ました。

今度はそれを実務で活かして、プロのUSCPAとしてのバリューを自分に付加したいと思い、監査法人に転職しました。学習を通じて学んだことはとても役に立っています。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

USCPAは自分の可能性を広げるにはとても良い資格です。働きながら英語で勉強するのは大変かもしれませんが、その分大きく自分を成長させてくれます。

将来の自分への投資だと思って、挑戦してみてください。