本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,122名
(2022年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

日英両言語で知識を身につけられたのは有益であった

日英両言語で知識を身につけられたのは有益であった

TIさん

総合商社 投資管理担当
学習期間:2年弱
出願州:アラスカ州→ワシントン州

  • 通学
  • 20歳代
  • 国内_通学圏
  • 会計経験無
  • 現職で必要
USCPA 合格時期 ・ 受験回数
  • FAR点数 1回
  • AUD点数 1回
  • BEC点数 1回
  • REG点数 2回

USCPAを目指した理由

何の会計財務知識もないまま総合商社に転職して投資管理に従事し始めて、あまりの仕事の出来なさに、これらの知識を急ぎ身につける必要があったため。

アビタスを選んだ理由・メリット

他社に比べてテキストが薄すぎず厚すぎず、内容を理解して勉強を進めるにはちょうどよく思えたため。また、自習室が土日も含め完備されていたり、オンラインでの講義の受講も出来て非常に便利そうだったため。

実際、仕事の都合で半年程度海外に滞在した際は、オンラインで講義を見て、勉強のペースを維持できて大変良かった。更に、大学単位取得も含めた費用面でも、他社に比べて割安であったため。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

最初に始めたFARの学習を進めていくうちに、会計の基本的な概念が身につき、仕事に相当役立った。投資先が日本と海外の会社であり、日英両言語の財務諸表を管理しなくてはならないため、アビタスで日英両言語で知識を身につけられたのは有益であった。

年度末の予決算策定時に、上司から「入社したての1年前に比べて圧倒的に成長した」と言われたのは非常に嬉しかった。

また、AUDやBECを学び、監査人との協議や財務モデリングを用いた投資リターン算出を上手くこなせるようになった。全試験に合格する頃には、周りから「数字ができる人」の扱いになっていた。アビタスなしでは確実にこのような状況にはなっていなかったと思う。

現在、海外の経営大学院でMBA課程に在籍中だが、英語の会話で苦労するも、会計や財務周りでバリューを発揮してチームメイトの間でプレゼンスを維持することができている。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

各科目ともボリュームが多く、覚えた先から忘れていくので、一科目に絞って短期集中で進めていく勉強法の方が良いかと思います。

受験勉強は長期戦になるかと思いますが、基礎をしっかりと身につければ確実に合格する試験なので、気負わず、マイペースに、前に進まれて下さい。

USCPAを持つと自信を持てますし、将来のキャリアに対する不安も軽減しますので、勉強は大変かと思いますが、ぜひ頑張って下さい。