本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数6,532名
(2024年1月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

世界を舞台に働きたいとUSCPA取得を目指す! 会計知識ゼロから1年で合格

世界を舞台に働きたいとUSCPA取得を目指す! 会計知識ゼロから1年で合格

杉山 隆さん

大学卒業後 大手不動産会社

  • 通学
  • 20歳代
  • 国内_通学圏
  • 会計経験無
  • グローバルに活躍

USCPAを目指した理由

USCPA(米国公認会計士)は国際的に通用する資格である

私がUSCPA(米国公認会計士)の受験を志したのは大学2年生の夏休みでした。

当時、私は漠然と「将来は世界を舞台に働きたい」という思いを抱いており、学生の時期から、そのための準備をしたいと思っていました。USCPA(米国公認会計士))は世界中の人々が目指す資格です。まずは「世界中の人と競争できる」という点に惹かれました。

また、勉強することで国際的に通用する教養を身に付けることができる資格であることも私にとってとても魅力的でした。こうして勉強をスタートさせましたが、当時の英語力はTOEIC500点弱、海外生活の経験もありませんでした。さらに、会計や監査の知識もゼロに近い状態で、一時は受験をあきらめようとも思いました。

しかし、アビタスのテキストを読み込み、問題集は日本語訳を読まずに、できる限り英語で粘り強く解くという勉強法を繰り返した結果、大学3年生の11月の一回目の受験で運良く合格を果たすことができました。

アビタスを選んだ理由・メリット

USCPA(米国公認会計士)受験は私にとって、とても大きなチャレンジでしたが、今ではチャレンジして本当に良かったと思っています。結果的に英語力も大きく向上しましたし、就職活動においても、自信を持って臨むことができました。何より大学生のうちから世界を舞台にチャレンジできたことが私にとっていちばんの収穫でした。

現在、私は不動産会社で主に商業施設の開発をしていますが、改めて、USCPA(米国公認会計士)を通じて勉強したことが社会において様々な場所で役に立つということを実感しています。

そして、私が将来世界を舞台に活躍するチャンスを得るためにも、大学生の時にUSCPA(米国公認会計士)の勉強をしたという経験は、きっと大きな意味を持ってくるのではないかと楽しみにしています。将来世界で活躍するビジネスパーソンを目指すのであれば、ぜひ。時間的に余裕のある学生時代にチャレンジしてみてください。

合格実績のAbitus業界No.1

USCPA合格への第一歩新試験制度の最新情報を今すぐ把握!

無料説明会予約

※説明会ご参加後、アンケートにご回答頂いた方全員にサンプルeラーニング、サンプル電子テキストをプレゼント!

個別カウンセリング予約(オンライン/お電話)

  • スクール、サービス内容の確認
  • 学習計画や勉強時間のご相談
  • 合格後のキャリア、進路相談
  • 申込み方法、教育訓練給付金、ローン情報の確認

専門アドバイザーが丁寧にお答えします

アビタスのUSCPAを
もっと詳しく把握したい方はこちら