本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,122名
(2022年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

USCPAの学習を通じ効率的に米国で働く上でベースとなる専門的知識を得ることができると感じました。

USCPAの学習を通じ効率的に米国で働く上でベースとなる専門的知識を得ることができると感じました。

青江 圭二さん

不動産会社 海外駐在員
学習期間:2年
出願州:アラスカ州 ⇒ ワシントン州

  • 通信
  • 20歳代
  • 海外
  • 会計経験無
  • 現職で必要
USCPA 合格時期 ・ 受験回数
  • FAR 90 2018年10~12月 1回
  • AUD 86 2019年 1~3月 1回
  • BEC 89 2018年 7~9月 1回
  • REG 92 2019年 4~6月 1回

USCPAを目指した理由

米国駐在員となり、ローカルのコーポレートスタッフと日本の本社とのリエゾンとして、USGAAPの会計知識が必要となったため。

アビタスを選んだ理由・メリット

USCPAを取得していた先輩がアビタスをおすすめしていたため。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

USCPAの学習を進めることで、米国のローカルスタッフとの共通言語を持つことができたと感じました。

特に米国はスペシャリストが多く、ベースとして各従業員が多くの専門知識を持っている中、ジョブローテーションの一環として浅い知識で赴任したようなケース(まさに私がそうでした)においては、CPAの学習を通じ効率的に米国で働く上でベースとなる専門的知識を得ることができると感じました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

問題集及びACIPAの過去問を何度も繰り返し、すべての問題に正解できるよう準備しました。時間のかかる作業ですが、それが一番近道と感じました。