本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,289名
(2022年7月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

発言に自信がつき、実務においても全体像がわかっているため理解や対応が早くなった

発言に自信がつき、実務においても全体像がわかっているため理解や対応が早くなった

なべさん

日系製造業事業部管理部
学習期間:2年8カ月
出願州:グアム

  • 通信
  • 30歳代
  • 国内_通学圏外
  • 会計経験有
  • 自己研鑽
USCPA 合格時期 ・ 受験回数
  • FAR点数 90 / 2018年4~6月 / 2回
  • AUD点数 80 / 2017年7~9月 / 2回
  • BEC点数 79 / 2017年1~3月 / 1回
  • REG点数 85 / 2018年4~6月 / 3回

USCPAを目指した理由

経歴に単に企業の経理・税務業務の実務経験だけではなく、それを証する資格が欲しかったため。

アビタスを選んだ理由・メリット

テキストや講座のビデオを見て仕事をしながらでも継続できそうだった点と、過去の合格実績。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

発言に自信がついたことと、実務においても全体像がわかっているため理解や対応が早くなった。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

単位取得が必要な方は内容の理解・記憶は後回しにしても、単位取得を最優先に進めた方がよい。単位取得に時間をかけると、結局再度学習する頃にはほぼ白紙に戻り、会計原則や税制が変わると学習内容も変わるため、結果、資格取得にも時間がかかってしまう。

仕事をしながら、取得を目指す方は、仕事と同様、学習計画を立てて、PDCAを回すことが継続のコツかもしれない。

どうしても仕事による影響はあるため、いかに学習計画がうまくいかなかった場合に、挽回するかあるいは試験日を伸ばすのか対策を練る必要が出てくる。様々な手続きも前広に書類を準備しておき、時が来たらあとは出すだけというようにしておくと、手続きがネックになることはなかった。


学習方法は、abitus以外の教材は使用しなかった。


講義を見る。問題を解く。で一回り。

一旦、科目の学習が完了したら、再度、テキストを読む。問題を解く。で一回り。

後は、ひたすら問題を可能な限り何回も解く。

1ヶ月前を目安に、模試を受けて時間感覚を把握する。模試の出来はあまり気にしなかった。