本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,122名
(2022年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

勉強時間を考え、半年に1科目ずつ合格していこうという作戦であった。特にMCと模擬試験は役に立った。

勉強時間を考え、半年に1科目ずつ合格していこうという作戦であった。特にMCと模擬試験は役に立った。

梅原一眞さん

総合商社 部長
学習期間:2年6カ月
出願州:ワシントン州

  • 通信
  • 50歳代
  • 国内_通学圏外
  • 会計経験有
  • 専門知識を身につける
USCPA 合格時期 ・ 受験回数
  • FAR点数 90 / 2015年10・11月 1回
  • AUD点数 80 / 2015年10・11月 1回
  • BEC点数 82 / 2016年4・5月 1回
  • REG点数 80 / 2016年7~9月 1回

USCPAを目指した理由

勤務先で経理・税務畑でずっと仕事をしてきた。知識を体系的に身に着けようと思ったのがきっかけ。

本来であれば、20代で取得しようとも思ったが、若い時は、仕事も忙しかったし、アメリカに受験しに行かなければならないということもあり、二の足を踏んでいた。

40代になり、ある程度、自分の裁量で仕事時間をコントロールできるようになったので、準備をはじめ、会計単位までは取得はしたが、一時サスペンド。

50代になり、勤務先がIFRS基準に変更したことに伴い、IFRS検定の勉強をしたが、それを機に、日本で受験ができるようになっていたこともあり、再度チャレンジを決意。

アビタスを選んだ理由・メリット

教材がよいし、自分ではフォローしにくい手続き面でのサポートも充実していたから。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

大学時には受験の要件である会計の単位を取得していなかったため、40代半ばで単位を取得したところで、一時学習を中断。

その後、約10年ぶりに学習を再開。会社での業務もあるので、半年に1科目を合格することを目標に2年間かけて4科目合格を完遂した。折角、学習を始めたので、何とか形にしてやろうという諦めない気持ちが重要だと改めて感じた。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

学習自体は、MCを何度も繰り返すという、よく資格取得の勉強法の王道を貫いただけで、あまり苦を感じなかった。

勉強時間を考え、半年に1科目ずつ合格していこうという作戦であった。特にMCと模擬試験は役に立った。

50代半ばのオジサンでも合格できた訳で、皆さんにできない筈がない。頑張って下さい。