本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数4,464名
(2021年5月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

会計に関する仕事を続けたいとUSCPA取得監査法人で更なる成長を目指す

会計に関する仕事を続けたいとUSCPA取得監査法人で更なる成長を目指す

島谷 武廣さん

大手監査法人金融部門

  • 通信
  • 20歳代
  • 国内_通学圏外
  • 会計経験無
  • 現職で必要

USCPAを目指した理由

きっかけは単純に、「自分のやりたい仕事を続けたかったから」です。

前職では、保険会社間の再保険取引を専門に扱う保険会社で、主に成績管理や予算策定の業務に従事していました。仕事を通じて企業の活動を数値で捉える会計というものに面白さを感じ、会計に関する仕事を続けたいと考えていました。

しかし、専門職として採用されていた訳ではなく、多くの部署を有する一般事業会社で、いつまでも同じ仕事を続けることが難しいことも事実です。

会計監査などで監査法人のスタッフと接する機会もあり、監査法人であれば会計の仕事を続けていけると考えるようになり、そのスタートラインに立つための手段として選んだのがUSCPA(米国公認会計士)です。

アビタスを選んだ理由・メリット

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

資格取得後は、監査法人の金融部門に所属し、監査・コンサルティング業務に従事しています。

クライアントには、米国基準での財務報告を必要としている企業や、日本に進出している外国の企業やファンドなどが多いです。就職活動中は、USCPA(米国公認会計士)合格が大いに評価されたと思います。将来的には、特定の業種や分野について専門性を高めていきたいと思います。

また保険会社での経験を活かしていきたいとも思います。しかし、当面は業種を問わず、監査・コンサルティングの実務経験を幅広く積みたいと考えており、その中で自分の得意分野を作っていけるよう努めるつもりです。

多忙な日々を過ごしながらも、将来に活きる経験を積んでいると感じることがあります。こういった感覚を今後の更なる成長への原動力としていきたいと思います。