本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数4,411名
(2021年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

会計知識ゼロ。手に職をつけて英語で働く専門職へ

会計知識ゼロ。手に職をつけて英語で働く専門職へ

N.Mさん

外資系生命保険会社勤務

  • 通学
  • 20歳代
  • 国内_通学圏
  • 会計経験無
  • 転職・就職

USCPAを目指した理由

私は大学在学中からバックパッカーとして海外一人旅に熱中し、その後、いくつかの職を転々としました。現在も派遣社員として外資系の生命保険会社で勤務を続けています。

USCPAを目指そうと思ったきっかけは、手に職をつけて専門的な仕事をしたかったことと、好きな英語でのコミュニケーションが活かせる仕事に就きやすいだろうというものでした。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

会計の分野は始めて目にするもので、勉強を始めたころは暗中模索でとにかくテキストを何度も読み込みました。勉強をしていくうちに経済ニュースなどに興味を持つようになり、また、考える手がかりができたことで、より一層深いところで理解ができるようになったと感じました。

学習に関してはMC(マルチプル・チョイス)という選択問題が試験の7割を占めるということで、これを何度も繰り返しました。ただ、一度試験を受けると実感するのですが、非常に広い範囲からの出題になるので、MCだけではなくテキストをしっかり読み込んで、「米国の会計業界はどのように考えるのか」ということを体で覚えることが大事だと思います。

英語力に関しては、もちろん専門用語はありますが、文章としては基本的なもので慣れればそれほど難しいものではありません。

しかし、この慣れを獲得するためには英会話や英文にたくさん触れる必要があります。私は英会話喫茶や、自分で書いた英文の文法を直してくれる有料のウェブ・サービスなどを利用しました。

渡米時は、試験にあわせて数日休暇をとり、カリフォルニアのドライブなどもしました。試験勉強には息抜きも必要です。是非、自分で設定した大きな目標をクリアするという快感を味わっていただきたいと思います。