本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,122名
(2022年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

会計知識自体はほぼ皆無だったが、経営学を専攻していたので、BECという科目が非常に身近に感じたこともUSCPA試験の受験を決めた要因の一つです。

会計知識自体はほぼ皆無だったが、経営学を専攻していたので、BECという科目が非常に身近に感じたこともUSCPA試験の受験を決めた要因の一つです。

宮澤ひろきさん

日系企業米国駐在員
学習期間:2年
出願州:ワシントン州

  • 通信
  • 30歳代
  • 海外
  • 会計経験無
  • 現職で必要
USCPA 合格時期 ・ 受験回数
  • FAR 90 2018年10~12月 1回
  • AUD 82 2019年4~6月 2回
  • BEC 84 2019年4~6月 1回
  • REG 81 2019年10~12月 2回

USCPAを目指した理由

米国に赴任してから経理業務の割合が増え、会計知識が必要となったため。また、日々の業務でUSCPAの方とやり取りする機会が多くあり、USCPAの専門的な知識に感化されたため。

会計知識自体はほぼ皆無だったが、経営学を専攻していたので、BECという科目が非常に身近に感じたこともUSCPA試験の受験を決めた要因の一つです。

アビタスを選んだ理由・メリット

講義内容に加え、テキストや問題集の質が高く、無駄なく合格へ導いてくれると思いました。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

日常業務で経理を行っているので、FARやREGの知識は、学んだ時点から即座に役立ちました。今後転職するかは決めておりませんが、知識だけでも経理を行う上で大いに役に立っています。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

受験資格を満たすために単位修得コースを受けている方は、先に単位修得コースを終わらせるのではなく、USCPA試験と並行して進めたほうが効率的です。

また、USCPA試験は99点満点ですが99点を目指す必要はないので、75点が取れそうだと感じたら受験してみたほうが良いと思います。

案外すんなり合格することもありますので、金銭的余裕がある限り、あまり深く考えずに受験してみたほうが良いと思います。