本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,122名
(2022年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

資格という形で自身の実力が残せることから取得を目指しました。

資格という形で自身の実力が残せることから取得を目指しました。

角田 翔さん

総合商社投資部門
学習期間:2年
出願州:アラスカ州→ワシントン州

  • 通信
  • 20歳代
  • 国内_通学圏外
  • 会計経験有
  • 専門知識を身につける
USCPA 合格時期 ・ 受験回数
  • FAR 84 2018年4~6月 1回
  • AUD 78 2019年7~9月 1回
  • BEC 80 2019年4~6月 1回
  • REG 83 2019年1~3月 1回

USCPAを目指した理由

当時、海外プロジェクトの投資管理業務を担当しており、会計・税務の高度な知識、また関連する英語力が必要だったことが背景にありました。実務を通して経験的に知識を習得していくこともできましたが、USCPAでは理論から体系的に効率よく学べること、また資格という形で自身の実力が残せることから取得を目指しました。

アビタスを選んだ理由・メリット

会計に関する社内研修で、講師がアビタスの方だったことがアビタスを知ったきっかけでした。上司も複数アビタスでUSCPAの勉強をしていて薦められたことから、アビタスを選びました。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

商社の営業という職業柄、ビジネスの幅広い分野で一定の理解度を持つことが求められますが、USCPAの習得を通じて、対外的にも通用する一つの専門性を自分の強みとして身につけることができました。会計・税務といった会計士に必要なスキルに留まらず、財務・法務・IT・経済・企業戦略・監査など多岐に渡ってビジネスパーソンに求められる知識を、英語で学べた点が非常に役に立っています。海外での仕事でも従来より自信を持って臨むことができるようになりました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

学習量は少なくないため、途中でどうしても停滞する時期がありましたが、私は社内で2年以内に取得することを宣言していたため、それが良いプレッシャーとなって継続できたのだと思います。個人的には短期集中の期間を作り、また過去問から傾向を掴む勉強方法が合っていました。身近に協力できる勉強仲間つくることもモチベーション維持にオススメです。是非頑張ってください。