本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数6,546名
(2024年3月末時点)

03-3299-3330
  • 2023/02/28更新

【会計用語英語集】USCPAやUSCMA、EA資格取得に活きる用語紹介

USCPA(米国公認会計士)やUSCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)などの資格を取得する際は、様々な英語の会計用語の理解が必要です。

英語には、どのような会計用語があるのか気になる人もいるでしょう。

本記事では資格取得時に役立つ英語の会計用語を一覧でご紹介します。これから資格取得を考えている人や、現在勉強中の方は、ぜひ参考にしてください。

目次
会計用語を英語で理解する必要がある資格
貸借対照表(Balance Sheets)に関する会計英語
損益計算書(Profit and Loss Statement)に関する会計英語
キャッシュ・フロー計算書(Cash Flow Statement)に関する会計英語
会計用語を英語で覚えて資格取得に活かそう

会計用語を英語で理解する必要がある資格

まず最初に、英語で会計用語を理解する必要がある主な国際会計資格を3つ紹介します。

  • USCPA(米国公認会計士)
  • USCMA(米国公認管理会計士)
  • EA(米国税理士)

3つの資格はどれも日本国内で受験できます。

各資格にどのような違いがあるのか、まずそれぞれの資格について詳しく見ていきましょう。

USCPA(米国公認会計士)

USCPAはアメリカ各州で認定される、公認会計士の資格です。アメリカだけでなく、MRA(国際相互承認協定)参加国でも会計業務が行えるため、グローバルに活躍したい人に適した資格といえます。

一般的にUSCPAの資格取得にはTOEIC®800点以上の英語力が必要とされています。そのため、USCPAは「財務会計」がメインの資格ですが、取得すると、英語力と会計の知識、どちらも身についていることが証明できます。

USCPAは監査法人で働く機会の得られやすい資格です。キャリアアップを考えている人にとって、就職や転職で有利になる資格といえます。

関連記事:USCPAとは?魅力や取得後のキャリア・難易度・試験内容を詳しく解説

USCMA(米国公認管理会計士)

アメリカでは、USCMAはUSCPAと並ぶ二大会計資格の1つといわれています。管理会計をメインとした国際資格で、経営に関する幅広い知識が身につくため実務に活かせる資格です。

一般に必要な英語力はTOEIC®500点程度といわれています。USCPAと同様、取得すると英語の力と会計の知識、どちらも身についていることが証明できます。

コンサルティング業務をはじめ、会計や財務分野で活躍したい人にとって有利な資格といえるでしょう。ただし、日本国内での知名度はUSCPAほど高くはありません。

一方、外資系企業においては、USCMAはUSCPAと同程度の認知度を持つ資格です。

EA(米国税理士)

EAは国際税務の資格です。アメリカの内国歳入庁(IRS)が認可しています。取得すると、アメリカ国内で税務業務が行える資格です。

外資系企業の税務や経営コンサルティング業務で活躍したい人にとって有利な資格となります。

日本とアメリカでは税務制度は異なります。そのため、日本国内で米国会計基準を採用している企業や、アメリカに展開している企業への転職が見込める資格といえるでしょう。

なお、USCPA資格を取得すれば、EA資格が必要な業務を全て行うことができます。

貸借対照表(Balance Sheets)に関する会計英語

それでは、財務諸表(Financial Statements)の1つである、貸借対照表(Balance Sheets)について見ていきましょう。

ある一時点での企業の財政状態を表す表を貸借対照表(Balance Sheets)といい、次の3つで構成されています。

  • 資産(Assets)
  • 負債(Liabilities)
  • 純資産(Net assets)

貸借対照表に関する、それぞれの勘定科目を見ていきます。

資産(Assets)に関する会計英語

資産(Assets)とは、会社の財産を指します。お金や預金・売掛金などの流動資産だけでなく、土地や建物、機械、自動車などの固定資産も含みます。

各資産の英訳は次の通りです。

  • 流動資産:Current assets
  • 固定資産:Non-current assets

詳しく見ていきます。

流動資産:Current assets

現金 Cash
小口現金 Petty cash
普通預金 Savings accounts
当座預金 Checking accounts
受取手形 Notes receivable
売掛金 Accounts receivable
貸倒引当金 Allowance for doubtful accounts
前払費用 Prepaid expenses
前払金 Advance payments
棚卸資産 Inventory
原材料 Raw materials
仕掛品 Work in process
製品 Finished goods
商品 Merchandise
繰延税金資産 Deferred tax assets
短期貸付金 Short-term loans receivable
その他の未収入金 Other Accounts receivable
立替金 Advances paid

1年以内の短い期間で現金化が可能なものが流動資産です。

固定資産:Non-current assets

有形固定資産 Property, plant and equipment
建物 Buildings
建物付属設備 Facilities attached to buildings
構築物 Structures
機械装置 Machinery and equipment
車両運搬具 Vehicles
工具 Tools
減価償却累計額 Accumulated depreciation
土地 Land
建設仮勘定 Construction in progress
無形固定資産 Intangible assets
商標権 Trademarks
のれん Goodwill
特許権 Patents
著作権 Copyrights
投資その他の資産 Investments and other assets
投資有価証券 Investment securities
敷金 Leasehold deposits
開業費 Business commencement expenses

会社が長期間にわたり保有する資産や、1年を超えて現金化される資産が固定資産です。

負債(Liabilities)に関する会計英語

負債(Liabilities)とは、借入金や買掛金をはじめとして、将来的に相手に支払いや引き渡しの義務が生じるものを指します。

負債には日常的に動きがある流動負債と長期的な固定負債があり、それぞれ次の通りです。

  • 流動負債:Current liabilities
  • 固定負債:Non-current liabilities

詳しく見ていきます。

流動負債:Current liabilities

買掛金 Accounts payable, trade
支払手形 Notes payable
未払費用 Accrued expenses
繰延税金負債 Deferred tax liabilities
前受金 Advances received by customers
未払法人税等 Income taxes payable
短期借入金および1年内返済予定の長期借入金 Short-term loans payable and Current portion of long-term borrowings
未払役員賞与 Directors’ compensation payable
未払配当金 Dividends payable

1年以内に支払い義務が生じる負債が流動負債です。

固定負債:Non-current liabilities

社債 Bonds
長期借入金 Long-term debt
退職給付引当金 Provision for retirement benefits
受入保証金 Guarantee Deposits received
繰延税金負債 Deferred tax liabilities
長期前受収益 Long-term unearned revenue

1年以内に支払い義務の生じない負債が固定負債です。

純資産(Net assets)に関する会計英語

資産から負債を控除したものが純資産(Net assets)となります。

主なものは次の通りです。

株主資本 Shareholders’ equity
資本金 Capital stock
資本剰余金 Capital surplus
資本準備金 Capital reserve
利益剰余金 Retained earnings
自己株式 Treasury stock
配当準備金 Reserve for dividends

返済義務のない企業の資本が純資産です。

損益計算書(Profit and Loss Statement)に関する会計英語

財務諸表(Financial Statements)の2つ目である、損益計算書(Profit and Loss Statement)について見ていきましょう。

損益計算書(Profit and Loss Statement)には、収益・費用・利益が記載されています。会社の利益内容や費用の内訳、利益額などが分かる書類です。

売上高や売上原価、販売費、一般管理費、利益、損失などの会計英語について見ていきます。

売上高(Sales)に関する会計英語

まずは売上高に関する会計英語です。

売上高 Sales
売上値引・返品 Sale allowances and returns
売上割引 Sale discounts

企業が商品やサービスを提供して稼いだ売上金額を売上高といいます。

売上原価(Cost of sales)に関する会計英語

続いて売上原価に関する会計英語です。

仕入 Purchases
仕入値引・返品 Purchases returns and allowances
仕入割引 Purchases discounts
売上総利益 Gross profit

売れた商品の仕入れや製造にかかった費用が売上原価です。

販売費及び一般管理費(Selling, general and administrative expenses)に関する会計英語

販売費及び一般管理費に関する会計英語についてです。

給料 Salaries expense
手当 Allowances
賞与 Seasonal bonuses
福利厚生費 Welfare expenses
法定福利費 Legal welfare expenses
退職給付費用 Retirement benefit expenses
研修費 Training expense
会議費 Meeting expenses
旅費交通費 Traveling expense/Transportation expenses
通信費 Communication expense
消耗品費 Supplies expense
水道光熱費 Utilities expense
事務用品費 Stationery expense
租税公課 Taxes and dues
保険料 Insurance expense
交際費 Entertainment expense
広告宣伝費 Advertising expense
図書費 Book expenses
寄附金 Donations
不動産賃借料 Rent expenses on real estates
修繕費 Repair expenses
減価償却費 Depreciation
貸倒損失 Bad debt expense
雑費 Miscellaneous expenses

営業活動のうち、商品の販売に関連して発生した費用が販売費です。

販売費以外で本業の収益を得るために使われる経費を、一般管理費といいます。

営業外収益(Non-operating income)に関する会計英語

営業外収益に関する会計英語の一覧です。

受取利息 Interest income
受取配当金 Dividend income
有価証券売却益 Gain on sale of securities
持分法による投資利益 Share of profit of entities accounted for using equity method
為替差益 Foreign exchange gains

主たる営業活動以外で経常的に得ている収益を営業外収益といいます。

営業外費用(Non-operating expenses)に関する会計英語

営業外費用に関する会計英語です。

支払利息 Interest expense
有価証券評価損 Loss on valuation of securities
有価証券売却損 Loss on sale of securities
雑損失 Miscellaneous loss
経常利益 Ordinary income

主たる営業活動以外で経常的に発生する費用を営業外費用といいます。

特別利益(Special income/Extraordinary income)に関する会計英語

下記が特別利益に関する会計英語です。

固定資産売却益 Gain on sale of property, plant and equipment and intangible assets
投資有価証券売却益 Gain on sale of investment securities
関係会社株式売却益 Gain on sale of shares of subsidiaries and affiliates
貸倒引当金戻入額 Reversal of allowance for doubtful accounts
賞与引当金戻入額 Reversal of provision for bonuses

通常の営業活動とは直接かかわりのない内容で、その期にのみ例外的に発生した収益を特別利益といいます。

特別損失(Special expenses/Extraordinary loss)に関する会計英語

下記が特別損失に関する会計英語です。

固定資産除却損 Loss on disposal of property, plant and equipment and intangible assets
固定資産売却損 Loss on sale of property, plant and equipment and intangible assets
減損損失 Loss on impairment
投資有価証券評価損 Loss on devaluation of investment securities
投資有価証券売却損 Loss on sale of investment securities

通常の営業活動とは直接かかわりのない内容で、その期にのみ例外的に発生した損失を特別損失といいます。

税引前当期純利益/税引前当期純損失(Income before income taxes/Loss before income taxes)に関する会計英語

続いて税引前当期純利益/税引前当期純損失に関する会計英語です。

法人税、住民税及び事業税 Income taxes-current
法人税等還付税額 Refund of income taxes
過年度法人税等戻入額 Refund of income taxes for prior periods

法人税や住民税などの税金を支払う前の利益や損失が、税引前当期純利益/税引前当期純損失です。

キャッシュ・フロー計算書(Cash Flow Statement)に関する会計英語

財務諸表(Financial Statements)の最後の1つ、キャッシュ・フロー計算書(Cash Flow Statement)について見ていきましょう。

キャッシュ・フロー計算書(Cash Flow Statement)では、1年間のお金の流れが把握できます。キャッシュの中には現預金だけなく、換金性の高い資産も含まれます。

キャッシュ・フローは3つの活動別に表示されます。

  • 営業活動によるキャッシュ・フロー:営業上の資金の動き
  • 投資活動によるキャッシュ・フロー:資産運用による資金の動き
  • 財務活動によるキャッシュ・フロー:資金調達に関する資金の動き

それぞれの会計英語を見ていきます。

営業活動によるキャッシュ・フロー(Cash Flows from operating activities)に関する会計英語

営業活動によるキャッシュ・フローに関する会計英語は下記の通りです。

税引前当期純利益
又は税引前当期純損失
Income(Loss)before income taxes
減価償却費 Depreciation
減損損失 Impairment loss
のれん償却費 Amortization of goodwill
貸倒引当金の増減額 Increase (Decrease) in allowance for doubtful accounts
為替差損益 Foreign exchange losses (gains)
売上債権の増減額 Increase (Decrease) in notes and accounts receivable-trade
棚卸資産の増減額 Increase (Decrease) in inventories
仕入債務の増減額 Increase (Decrease) in notes and accounts payable-trade
退職給付費用 Retirement benefit expenses
有価証券売却損益 Loss(Gain) on sales of securities
固定資産処分損益 Loss(Gain) on disposal of non-current assets
無形固定資産売却損益 Loss(Gain) on sales of intangible assets
利息及び配当金等の受取額 Interest and dividend income received
法人税等の支払額 Income taxes paid
法人税等の還付額 Income taxes refund

営業活動によるキャッシュ・フローを見れば、企業が本業で稼いだお金やそのために使った経費など、営業活動による資金の動きが確認できます。

投資活動によるキャッシュ・フロー(Cash Flows from investing activities)に関する会計英語

投資活動によるキャッシュ・フローに関する会計英語は下記の通りです。

有価証券の取得による支出 Purchase of securities
有価証券の売却による収入 Proceeds from sales of securities
有価証券の増減額 Increase(Decrease) in short-term investment securities
有形及び無形固定資産の取得による支出 Purchase of property, plant and equipment and intangible assets
固定資産の売却による収入 Proceeds from sales of non-current assets

投資活動によるキャッシュ・フローを見れば、設備投資や有価証券の売買など、会社の成長を目指して企業がどれほど投資しているかが分かります。

財務活動によるキャッシュ・フロー(Cash Flows from financing activities)に関する会計英語

財務活動によるキャッシュ・フローに関する会計英語は下記の通りです。

長期借入債務の増加 Proceeds from issuance of long-term debt
長期借入債務の返済 Payments of long-term debt
短期借入債務の増加 Increase in short-term borrowings
利息の支払額 Interest expenses paid
配当金の支払額 Cash dividends paid
その他支出 Other payments
その他収入 Other proceeds

財務活動によるキャッシュ・フローを見れば、会社がどのように資金調達したかが分かります。

参照:金融庁「2022年版EDINETタクソノミの公表について|3.公表資料|勘定科目リスト」

会計用語を英語で覚えて資格取得に活かそう

USCPA(米国公認会計士)やUSCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)など、英語で国際会計の資格試験を受ける際には会計英語を理解し、覚えなければなりません。

グローバルに活躍したい人や外資系企業に就職したい人は、国際会計の資格を取得すると、転職活動に有利になることもあるでしょう。

この記事から英語の会計用語を覚え、資格取得に活かしましょう。

USCPAを取得するなら英語力に不安がある方でも安心サポート機能が充実しているアビタスで!

アビタスは国際資格の専門校で、USCPAの日本在住合格者の3人に2人はアビタス卒業生です。

アビタスでは日本語と英語を併記したオリジナル教材でUSCPAの学習を行うため、多くの受講生の皆様から、英語のみのテキストで勉強するよりも分かりやすいと高い評価を受けています。

英語に苦手意識がある方も、効率よくUSCPAの学習を進めることが可能です。

また、これまで全く会計学に触れてきたことのない初心者の方でも理解できるよう「英文会計入門」の講義もありますので、安心して受講できます。

アビタスではオンラインで無料の「USCPA説明会」を行っています。USCPAに少しでも興味を持たれた方は、まずはお気軽に無料説明会にお申し込みください。

まずは無料の説明会にご参加ください。

※記事に記載の内容は2023年2月時点のものを参照しています。

合わせてお読みください

最近のエントリー

カテゴリから探す