本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

  • 2022/06/14更新

海外・日本国内のMBAランキング。それぞれの特徴や大学院選びのポイントとは

MBA(経営学修士)プログラムは世界中にたくさんあります。では、何を基準に選べばよいのでしょうか。参考になる大学院ランキングを、世界のメディアや大学評価機関が発表しています。

目次
海外MBAランキング
日本国内MBAランキング
MBAのための大学院やスクールを選ぶポイント
「仕事を続けながら日本国内外から評価されるMBA」ならオンライン米国MBAがおすすめ
「マサチューセッツ大学MBAプログラム」は国際認証を受けた米国MBAプログラム

海外MBAランキング

海外MBAランキング

MBAを取得する大学院を、世界では一般的に「ビジネススクール」と表現します。ビジネススクールランキングの評価基準は評価する機関によってそれぞれ異なります。また、世界総合ランキングだけでなく「アジア」「欧州」といった地域別のランキングや、「フルタイム」「オンライン」などと形態別の詳細ランキングを設けている場合もあります。ランキングを見る際は、評価基準や定義にも注目するとよいでしょう。今回は、3大ランキングと呼ばれる『THE FINANCIAL TIMES』『The Economist』『QS』によるMBAランキングを紹介します。

『THE FINANCIAL TIMES』のMBAランキング

英国の経済紙フィナンシャル・タイムズが毎年発表しています。

https://rankings.ft.com/home/masters-in-business-administration

グローバルランキングである「MBA2022」のトップ10を見てみましょう。

  • 1 University of Pennsylvania: Wharton(US)
  • 2 Columbia Business School(US)
  • 3 Insead(France/Singapore)
  • 4 Harvard Business School(US)
  • 5 Northwestern University, Kellogg School of Management(US)
  • 6 Stanford Graduate School of Business(US)
  • 7 University of Chicago: Booth(US)
  • 8 London Business School(UK)
  • 9 Yale School of Management(US)
  • 10 Iese Business School(Spain)

評価基準には、修了後3年の給与や修了後の昇給率が含まれ、その比重が比較的高いのが特長です。1位はペンシルベニア大ウォートン校、2位はコロンビア・ビジネス・スクールというアメリカの名門校が並びました。3位にはフランスとシンガポールに拠点を置くインシアードと、アメリカのハーバード・ビジネス・スクールが並びました。ちなみに、日本の大学は100位以内にランクインしていません。

フィナンシャル・タイムズのランキングは、グローバルランキングだけでなく、オンラインMBAや、「EMBA」と呼ばれる経営層向けMBA(Executive MBA)のランキングも発表しています。

『The Economist』のフルタイムMBAランキング

英国の週刊新聞エコノミストが毎年発表しています。

https://whichmba.economist.com/ranking/full-time-mba

全日制のビジネススクールを対象にしたグローバルランキングである「Full-time MBA Ranking 2021」のトップ10を見てみましょう。

  • 1 IESE Business School(Spain)
  • 2 HEC Paris Business School(France)
  • 3 University of Michigan - Stephen M. Ross School of Business(US)
  • 4 New York University - Leonard N Stern School of Business(US)
  • 5 Georgia Institute of Technology - Scheller College of Business(US)
  • 6 SDA Bocconi - School of Management(Italy)
  • 7 EDHEC Business School(France)
  • 8 University of Washington - Foster School of Business(US)
  • 9 Carnegie Mellon University - The Tepper School of Business(US)
  • 10 IMD - International Institute for Management Development(Switzerland)

エコノミストの評価基準は非常に細かいです。修了生の給与水準や給与上昇率はもちろん、就職のサポートや学生の多様性、教授陣の多様性といった項目も評価対象になっています。 1位はスペインのIESEビジネス・スクール、2位がフランスのHECパリ・ビジネス・スクールでした。各国から学生が集まり、多様性が担保された欧州の大学がたくさんクランクインしています。 指標ごと、国ごとのランキングも見ることができます。日本の大学では、国際大学大学院(新潟県)のみランクインし、73位でした。

『QS』のMBAランキング

英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)が毎年発表しています。 https://www.topuniversities.com/university-rankings/mba-rankings/global/2022 全日制のビジネススクールを対象にした「World University Rankings - Full Time MBA: Global 2022」のトップ10を見てみましょう。

  • 1 Stanford Graduate School of Business(US)
  • 2 Harvard Business School(US)
  • 3 Penn (Wharton)(US)
  • 4 HEC Paris(France)
  • 5 MIT (Sloan)(US)
  • 6 London Business School(UK)
  • 7 IE Business School(Spain)
  • 8 INSEAD(Singapore, France)
  • 9 Columbia Business School(US)
  • 10 IESE Business School(Spain)

評価基準には、雇用可能性、費用対効果、起業家輩出力、教育力、多様性の5項目が採用され、280校余りを審査しています。1位はアメリカの名門、スタンフォードの大学院が輝きました。日本の大学は100位以内にランクインしていません。国別、地域別のランキングも見ることができます。

日本国内MBAランキング

日本国内MBAランキング

日本のビジネススクールの一部は、上記の世界ランキングにランクインしています。一方で、日本の大手メディアや文部科学省による、MBAプログラムを提供する日本の大学院のランキングはありません。

国際認証を取得している日本のMBA大学院

『THE FINANCIAL TIMES』『The Economist』『QS』のランキング上位を見ると、日本の大学院はあまりランクインしていません。ただ、トップスクール同様の「国際認証」を取得する大学院は増えてきています。世界に星の数ほどあるビジネススクールですが、第三者機関による国際認証を取得しているのは全体の5%程度と言われています。AACSBに代表される国際認証を取得することは、ビジネススクールの質を証明する手段です。

【国際認証を取得している日本国内の大学院(MBA)】

  • 名古屋商科大学大学院(AACSB・EQUIS・AMBA)
  • 早稲田大学大学院(AACSB・EQUIS)
  • 慶應義塾大学大学院(AACSB)
  • 立命館アジア太平洋大学大学院(AACSB・AMBA)
  • 国際大学大学院(AACSB)

※2022年4月時点アビタス調べ。カッコ内は国際認証機関

MBAのための大学院やスクールを選ぶポイント

MBAのための大学院やスクールを選ぶポイント

大学院選びのポイントは、カリキュラムや学費、卒業生のキャリアなど、自分でしっかりと判断軸を決め、多面的に比較検討することです。 経営学修士の学位ですから、経営に関する知識が習得できることは必須です。カリキュラムや教授陣を確認して求める知識が学べるか確認しましょう。ただ、1校ずつ確認するのは大変です。この時「ランキング」や「国際認証」が役立ちます。ランキングに入ったり、国際認証を取得していたりする大学院であれば、世界標準をクリアしたビジネススクールであることが約束されていますので、質で後悔することはないでしょう。 時間と労力をかけてMBAを取得するわけですから、人と比べることなく、自分でしっかりと納得できる選択をすることをおすすめします。 アビタスでは、MBAを検討している方にその理由を尋ねるアンケートを取りました。ぜひ参考にしてみてください。

・MBAを取得したいと考える理由の上位

  • 1 経営全般の知識を習得したい
  • 2 学位を取得したい
  • 3 英語力を向上させたい
  • 4 人脈を構築したい
  • 5 年収をアップさせたい
  • 6 転職に利用したい
  • 7 履歴書に箔を付けたい

※「マサチューセッツ大学MBAプログラム」顧客アンケートより

「仕事を続けながら日本国内外から評価されるMBA」ならオンライン米国MBAがおすすめ

「仕事を続けながら日本国内外から評価されるMBA」ならオンライン米国MBAがおすすめ

何をMBAに求めるのか、自身の優先順位をきちんと定めることは、後悔しないスクール選びのポイントです。そのポイントが以下ならば、日本で学べる国際認証取得済みのオンライン米国MBAがおすすめです。

  • 世界に通用する
  • 仕事と両立できる
  • 英語力を高められる
  • 留学より費用を抑えられる
  • 入学準備に時間がかからない
  • 日本人によるサポートが受けられる

もちろん、準備期間と費用に糸目をつけなければ、世界ランキング常連のMBAは魅力的です。特に、グローバルビジネスをけん引するアメリカのMBAは人気です。ただ、多くの日本のビジネスパーソンにとって、キャリアを中断した上で学費と渡航費・滞在費を含めて2,000万円ともいわれる費用負担はかなりのものです。このため、トップ校と同じ国際認証を取得しつつ、日本にいながら取得できるオンライン米国MBAプログラムは一考の余地があります。

「マサチューセッツ大学MBAプログラム」は国際認証を受けた米国MBAプログラム

「マサチューセッツ大学MBAプログラム」は国際認証を受けた米国MBAプログラム

「マサチューセッツ大学MBAプログラム」は、国際資格専門校であるアビタス(東京)が提供する米国マサチューセッツ州立大学のMBAプログラムです。世界のトップスクール同様、国際認証AASCBを取得しています。また、学生と教授の繋がり、学術的な価値、オンライン学習環境やサポート体制などが高く評価され、世界有数のMBAプログラムがひしめくアメリカにおいて18位(U.S. News & World Report.誌2021年オンラインMBAランキング)にランクインしました。これは全体の上位6%(100%Onlineの273校)のクオリティを持つビジネススクールであることを意味します。

オンラインプログラムであるため、世界中どこからでも講義に出席できるだけでなく、ライブ講義の時間帯を逃してもアーカイブ講義でキャッチアップできるため、「どこでも学べる」だけでなく「いつでも学べる」プログラムです。

「マサチューセッツ大学MBAプログラム」は、現地の英語オンラインプログラムである「上級課程」に進む前に、日本人講師による「基礎課程」を組み合わせた二段階式で提供しています。基礎課程があることで、財務会計などMBAに必要な知識と英語力を身に付けた上で進級することができるのが特長です。日本に事務局があるためサポートも日本人が担当します。

この充実した「基礎課程」で英語力を養うことができるため、一般的な海外MBAに必要なTOEFL、IELTS、GMATといった英語力判定テスト・入学適性テストのスコアを入学条件として求めていません。英語力に関しては、「基礎課程」の後、現地の「上級課程」に進級するまでにTOEIC700点を取得することだけが求められます。MBA取得まで最短距離で目指せる利点があります。

合わせてお読みください

最近のエントリー

カテゴリから探す