本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

米国のMBAは何が違うのか

UMassMBAは国内外のMBAとどう違うのでしょうか。

学位であること

「マサチューセッツ大学MBAプログラム」を修了(卒業)すれば、経営学修士学位(MBA:Master of Business Administration)を手にすることができます。

しかし実は、国内外の「MBAプログラム」の中には、マーケティングやファイナンスなどの単科コースをたくさん受講しても、学位を取得できないケースがあります。履歴書などで「MBA」と記載するためにも、学位を取得できるプログラムをご検討ください。

国際認証を得ていること

さらに、MBA(経営学修士)の学位を取得できる大学院、ビジネススクールであっても、本当にMBAに見合った教育プログラムを提供できているかを判断するには、第三者機関による国際認証が必要となります。数百もの確認項目があり、達成できているかを定期的に審査される厳しい認証のため、日本国内で国際認証を得ているところはわずかです。

「マサチューセッツ大学MBAプログラム」はAACSBという国際機関から認証を取得しています。世界的にこのプログラムが正統なMBAであることが証明されているのです。

グローバルビジネスをけん引する米国のMBAであること

世界の時価総額トップ100の大多数は、米国の企業が占めています。

「マサチューセッツ大学MBAプログラム」は、グローバルビジネスをけん引し続けている米国のMBAプログラムです。ハーバードやコロンビアなど米国トップスクールと同じケースを扱い、米国のビジネスを支える人材を多数輩出しているプログラムだからこそ、学ぶ意義があるのです。