本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数4,411名
(2021年4月末時点)

03-3299-3330

合格者の声

何らかの難関会計資格を20代のうちに取得しておきたかったため。海外勤務も検討していたため、USCPAにしました。

何らかの難関会計資格を20代のうちに取得しておきたかったため。海外勤務も検討していたため、USCPAにしました。

Kさん

大手自動車メーカー 経理財務担当
学習期間:2年6カ月
出願州:ワシントン州

  • 通信
  • 20歳代
  • 国内_通学圏外
  • 会計経験有
  • 転職・就職

USCPAを目指した理由

税理士試験に挫折したものの、何らかの難関会計資格を20代のうちに取得しておきたかったため。候補としてUSCPAか簿記1級がありましたが、その先に考えていた転職では海外勤務も検討していたため、USCPAにしました。

29歳経理実務未経験でしたが、試験合格後、USCPA合格を売りに転職活動を開始したところ、一ヶ月後に現在の会社から経理部門でのオファーをもらえました。面接中にUSCPAの肩書きが評価されていると感じる場面が何回もあり、正直、意外にUSCPAって転職の武器として使えるんだなと思いました。

アビタスを選んだ理由・メリット

アビタスは教材の量を出来るだけ絞っているとの話だったので、忙しい毎日でも少しずつ確実に進めるかと思いました。また受験するための単位を位置から取得していく必要があったため、単位取得のサポートが一番分かりやすかったのがアビタスでした。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

・USCPAは非常に範囲が広く、決して楽な試験ではありません。日常の楽しみをかなり犠牲にする必要があります。反復練習が必須なので、だらだら勉強してると確実に試験期間が長期化します。

・REG、FAR、A&Aに出題されるTBS・リサーチの難易度はテストによってばらつきが見られ、難問だらけになった場合は正直お手上げです。一方で非常に簡単な問題ばかりが出た場合は合格率がぐっと上がります。運の要素があるので、複数回受験は予め想定しておいて計画を立てた方が気持が楽です。

・BECはMCの配点が大きい分、一問も落とさない覚悟で注意深く問題を解かないと合格は厳しいと思います。特に第一テストレットは納得できるまでたっぷり時間を掛け、以降のテストレットの難易度を上げることに注力してください。