本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

  • 2022/06/14更新

MBAが意味ないといわれる3つの理由。それでもMBAを取得するメリットとは?

目次
MBA(経営学修士)とは何か
MBAに意味がないといわれる理由① MBAプログラムの教育水準の低下の懸念
MBAが意味ないといわれる理由②投資した分のリターンが得られるかが不明瞭
MBAに意味がないといわれる理由③ 実務経験が何よりも成長につながる?
MBAを取得するメリット
今の仕事を続けながら、英語で高水準な教育を受けたい人にはオンライン米国MBAがおすすめ

MBA(経営学修士)とは何か

MBA(経営学修士)とは何か

MBAとは、Master of Business Administrationの略称で、日本語では経営学修士、経営管理修士を指します。MBAは企業や組織で働いた経験のある社会人を対象とした大学院課程で、カリキュラムの中では学問的な領域から経営に直結する実務的な領域まで幅広く学びます。ビジネスの現場を経た社会人が、体系的知識・専門的知見・修士取得による社会的信用を求めてMBAを目指しています。 しかしながら、一方でMBAについて、「学ぶ内容が実務に生きない」、「MBAが転職で評価されない」など取得の効果に懐疑的な声も聞かれます。 ここではMBAに意味がないとされている理由を確認して実際に意味がないのかを検証してみましょう。

MBAに意味がないといわれる理由①
MBAプログラムの教育水準の低下の懸念

MBAに意味がないといわれる理由①MBAプログラムの教育水準の低下の懸念

MBAに意味がないといわれる理由のひとつに、MBAプログラムの質の低下への懸念があります。ビジネススクールは国内にも多数存在しますが、そのクオリティは玉石混交の状態です。もちろんハイクオリティなプログラムを提供しているビジネススクールもありますが、ディプロマミルと呼ばれるような品質に疑問が持たれているスクールが存在していることも事実です。そのため、良質なMBAを選択するためには、国際認証(アクレディテーション)を確認してみても良いでしょう。

『THE FINANCIAL TIMES』のMBAランキング

国際認証とは、教育の品質を保証する制度で、AACSBをはじめとする第三者機関がビジネススクールの品質を審査して認証を与えます。AACSBは米国発祥の認証機関で、世界的に多くの認証校がありますが、それでも世界全体のビジネススクールのうち、AACSB認証を取得できているのは5%未満と少ないのが現状です。なお、米国でトップスクールと目されているビジネススクールの多くはこのAACSBの認証を取得しています。

MBAが意味ないといわれる理由②
投資した分のリターンが得られるかが不明瞭

MBAが意味ないといわれる理由②投資した分のリターンが得られるかが不明瞭

MBA取得には一般的に多額の費用と時間がかかります。そのため、MBAに意味がないと言われる理由の二つ目として、その費用と時間を掛けるだけのリターンが期待できるかについて、しばしば懐疑的な声が見られます。

現状:海外MBA、国内MBA、オンラインMBAの費用や期間を比較

MBAとはいっても国内外に様々なプログラムがあり、それぞれに費用や特徴が異なります。

  • 「海外フルタイムMBA(通学)」
  • 「国内フルタイムMBA(通学)」
  • 「国内パートタイムMBA(通学)」
  • 「オンラインMBA」

費用や期間、英語の習得、人脈形成、働きながら受けられるかどうか、などの観点から比較し、自身に合ったプログラムを選択すると良いでしょう。 例えば人脈の形成は通学型のプログラムのほうが向いており、英語力の向上には海外のプログラムが最適でしょう。また、お仕事やご家庭の事情で時間的な制約がある場合は、オンラインプログラムであれば取り組みやすいかもしれません。

判断ポイント:自分の求める教育や、講義スタイルにあったプログラムを選ぶ

MBAというと海外留学を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実際に渡航するとなると、学費に加えて渡航費や滞在費がかかりますので、卒業までに1,000万円以上の費用がかかることも珍しくありません。また、フルタイムでMBAに取り組むとなると、お仕事との両立は難しく、多くの場合は退職や休職が前提となります。そのため、働きながら修了を目指すのであれば、休日を利用したパートタイムMBAやオンラインMBAが有力な選択肢となるでしょう。 近年はアメリカをはじめ、オンラインでMBAを提供している海外の大学もあるため、仕事を辞めずに費用を抑えて海外のMBAに挑戦したいという方にとってはチャレンジしやすい環境が整っています。

MBAに意味がないといわれる理由③
実務経験が何よりも成長につながる?

MBAに意味がないといわれる理由③実務経験が何よりも成長につながる?

経営学の体系的な理解は、停滞した自己成長を進める鍵となります。MBAに意味がないと言われる理由の三つ目は、一般的に実務経験を積むことが何よりも成長につながると考えられているところにあります。確かに現在従事されている業務について、より早く、正確にアウトプットを出せるようになるにはその業務への習熟が最も近道であると言えるでしょう。しかしながら、MBAで経営学について体系的に学ぶことは新たな視座を獲得し、それまででは思いつくことができなかった発想につなげることができます。また、様々なバックグラウンドを持つ仲間と一緒に学ぶことは、自身が抱えているキャリアにおける課題に新たな側面から解決の緒を提供してくれるかもしれません。 実務を通じた自己成長に停滞を感じてきた方や、業務時間外も自己成長に活用したいといった方は、MBAでの多くの仲間との活発な議論や、多数の名著を通しての学びが次のステップとして最適でしょう。

実務で成果をあげるための足掛かりとして、学びに投資する

MBAで得られる学びはビジネスにおいて普遍的に活かせる財産となります。MBAを通して学ぶビジネス知識やマネジメントスキル、体系的な経営学の理解は、普段の実務における視座を高めてくれるでしょう。

「知識への投資は、常に最大の利益をもたらす。An investment in knowledge always pays the best interest.」~ベンジャミン・フランクリン~ 「富よりも知識を選びなさい。一方は一時的なもので、もう一方は永続的なものだ。 Prefer knowledge to wealth, for the one is transitory, the other perpetual.」~ソクラテス~

MBAを取得するメリット

MBAを取得するメリット

これまで「MBAは意味がない」と言われる理由を紹介してきましたが、改めてMBAを取得するメリットを整理してみましょう。 まずは経営学、マネジメントに必要な知識とスキルを体系的に習得できる点がメリットになるでしょう。MBAでは、会計やファイナンス、マーケティング、データ分析、組織行動論、リーダーシップ等、さまざまな分野の知識を体系的に身につけることができます。MBAで学ぶ内容はどのような職種や業種、立場においても活かせるため、現職だけでなく、転職や起業においても無駄になることがありません。 次に生涯付き合える仲間を得られるところが大きなポイントとなります。MBA課程を共に乗り越えるクラスメイトは、年齢、立場も多様ですが、同じ課題に取り組み、ディスカッションを重ねることで利害関係に依らない、強い絆で結ばれた仲間になります。在学中はもちろん、卒業後もSNSで交流を続けている方や、勉強会などオフラインでつながっているケースも少なくありません。

今の仕事を続けながら、英語で高水準な教育を受けたい人にはオンライン米国MBAがおすすめ

今の仕事を続けながら、英語で高水準な教育を受けたい人にはオンライン米国MBAがおすすめ

ここまで見てきたとおり、MBAには多くのメリットとともに、通学、オンラインなど取得するための手段がいくつもあります。いろいろなプログラムを検討してみると、自身の求めるカリキュラムや学習スタイルに合ったものが見つかるでしょう。

アビタスUMassMBAならAACSB認証を受けた米国MBAがオンラインで学習できる! アビタスはマサチューセッツ州立大学と提携して「完全オンライン」で米国MBAが取得できるプログラムを提供しています。アビタスUMassMBAでは、世界的なビジネススクールの認証機関であるAACSB認証を取得している高品質なMBAをリーズナブルな学費で学ぶことができます。世界レベルのMBAに興味がある方はぜひ資料請求・オンライン説明会をご利用ください。

合わせてお読みください

最近のエントリー

カテゴリから探す