本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

修了生・合格者の声

現在進行形であった業務に直結した。そこでの理解力が全く違うものになった。

現在進行形であった業務に直結した。そこでの理解力が全く違うものになった。

でぶがりさん

監査法人

  • 通信
  • 20歳未満
  • 国内_通学圏
  • 会計経験有
  • 製造業
  • 現職で必要
  • 未受験

IFRSを取得しようと思ったきっかけ

監査クライアント先がIFRS基準でレポートしているのと同時に、日本の会社として日本基準での計算書類を発行していたため、IFRSと日本基準との差異の理解が業務上必要になり、体系的にIFRSを勉強しないと業務が遂行できないと感じたため。

アビタスを選んだ理由

USCPAの資格取得時にお世話になったことに加え、通信教育として自宅でも学習できるインフラが整っていたため。
また体験授業での伊藤先生の講義を受け、教材のわかりやすさも含めてアビタスのIFRS検定コースに魅力を感じたため。

IFRSの学習を通じて得た事

まず第一に現在進行形であった業務に直結した。また監査法人としてもIFRSのジョブが多く、法人内研修も多々あるため、そこでの理解力が全く違うものになったと感じていること。