本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

CISA®認定を受けるには

CISA®認定

CISA®と認定されるには、最低5年間の情報システム監査、コントロール、保証あるいはセキュリティ分野での実務経験を証明する必要があります(実務経験の詳細は次ページをご覧ください)。
これらの実務経験は、認定申請日からさかのぼって10年以内の経験に限ります。
合格の有効期限は5年間です。それまでに認定要件を満たさない場合は、失効してしまいますのでご注意ください。

以下の要件を満たすことで、実務経験に代替することができます(最大3年まで)。

  • 最大1年間の情報システムまたは1年間の会計監査経験、業務監査経験は、1年間の経験に代替することができます。
  • 取得した60〜120単位の大学の履修単位(2年または4年の学位相当)は、10年以内という規則に制限されることなく、1年または2年の経験に代替することができます。
  • 情報セキュリティまたは情報技術の修士号は、1年間の経験に代替することができます。
  • コンピュータサイエンス、経理、情報システム監査での2年間の常勤大学講師としての経験は、1年間の経験に代替することができます。

認定を維持する継続教育

CISA®認定を維持するには、所定時間以上の継続教育(CPE)が必要です。講義や研修などを受ける場合、1CPEは50分で、認定された翌年から1年で少なくとも20CPE、3年で120CPEを受講しなくてはいけません。
またCISA®維持手数料(ISACA®会員:$45、非会員:$85)の納入も必要です。

入会費(初回のみ)

U.S.$30

国際会費

U.S.$135

支部費

東京:U.S.$50、大阪:U.S.$85、名古屋:U.S.$60、福岡 U.S.$80