本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

代表メッセージ

アビタス代表であり、自身もUSCPA(米国公認会計士)資格とCIA(公認内部監査人)資格を持つ三輪豊明からのメッセージです。

株式会社アビタス 代表取締役
三輪 豊明

株式会社アビタス代表取締役。パスメイクホールディングス株式会社代表取締役。

米国公認会計士(米国ワシントン州、モンタナ州、グアム)。公認内部監査人。

略歴
1961年東京生まれ。東北大学経済学部卒業。大和證券を経て、大手通信機器メーカーを94年に退社後、USCPA(米国公認会計士)を取得。95年にアビタスの前身となるU.S.エデュケーション・ネットワークを設立。米国カリフォルニア州立大学イーストベイ校講師。

著書
『英文会計の基礎テキスト』(共著)『英文会計の中級テキスト』『英文会計の上級テキスト』(以上、日本能率協会マネジメントセンター)。『図解やさしくわかる国際会計基準のポイント』(フットワーク出版)。『入門 英文決算書の見方・読み方』(共著、日本実業出版社)。『グローバルキャリアをめざせ!USCPA合格へのパスポート』『スペシャリストをめざせ!CIA合格へのパスポート』(以上、税務経理協会)

変わり続ける勇気を

経済がグローバル化し経営環境が目まぐるしく変わる中で、経営者は、企業を取り巻くさまざまなリスクを把握し、適切なリスク・マネジメントを実践していかなくてはなりません。相次ぐ企業不祥事の教訓として、コーポレート・ガバナンスの実効性に注目が集まっていることもその表れです。

今日の内部監査人には、経営者と同じ目線で社内のリスク・マネジメントをモニタリングし、かつその効果を高めていくという役割が求められています。すなわち、企業における「社内コンサルタント」としての役割が期待されており、この傾向は今後より一層強まると思われます。

このような状況下において、内部監査人には、内部監査の基準や手続きに関する専門知識だけでなく、会計知識・法律知識・IT関連知識など、幅広い知識が必要とされています。この点、CIAの学習内容には、内部監査にとどまらず会計・IT・ファイナンス・経営戦略なども含まれています。こうした知識を内部監査と関連付けつつ学ぶことは、内部監査人としてのスキル・アップにつながることはもちろん、ビジネスにおけるグローバルな共通言語を修得することにもつながります。それが国際資格であるCIAの強みです。 皆さまのCIA取得を通じたさらなるご活躍を願っています。