本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数4,616名
(2021年8月末時点)

03-3299-3330

USCPAホルダーからのメッセージ

山田 善隆 氏
PwC京都監査法人
パートナー
公認会計士
米国公認会計士

受験のための負担が大幅に軽減された今が、USCPA取得のチャンスです

IFRSに関する議論が世界的に高まる中で、会計士業務のグローバル化が急速に進展しています。その中で世界的な認知度が高く、また、資格のクオリティーの確かさで定評のあるUSCPAは、国際ビジネスで通用するパスポートとして取得することのメリットが大きい資格といえるでしょう。USCPA試験の出題範囲にはIFRSも含まれており、IFRSへ向かう世界の動きにも対応しています。

USCPA試験の特徴は、出題内容が「広く浅く」で偏りがなく、合格水準が安定していることにあります。そのため、受験のタイミング等に左右されることがなく、学習した分だけ合格に近づくという点で、努力が正当に報われる試験といえるでしょう。また、科目ごとの受験日時を各自が設定できるため、仕事や学業との兼ね合いや英語のスキルに応じて、自分のペースで学んでいくことができます。USCPA受験で学ぶ英語はグローバル・ビジネスや会計の分野で頻繁に使用されており、現在のように会計士の業務がグローバル化するなかでは、必要不可欠となるに違いありません。

日本での受験が可能となり、受験のための時間とコストの負担が大幅に軽減された今、USCPAの取得を目指されてはいかがでしょうか。