本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

AbitusUSCPA合格者数5,122名
(2022年4月末時点)

03-3299-3330

5/31まで!現行試験ラストチャンス「初夏のスタートダッシュキャンペーン」

  • 2022/05/01
  • ニュース

USCPA202205_LP bnr_1200x628_no201.jpg

2024年1月よりUSCPAの試験制度の変更が予定されています。
大きな変更点は、「科目構成の変更」と「出題領域の変更」です。

科目構成の変更

新試験制度での受験科目は、現行試験と同じく4科目のままですが、必須3科目に加え、3つの選択科目から1科目を選ぶという科目構成に変更が予定されています。

CORE(必須科目) 3科目

  • FAR(Financial Accounting and Reporting)
  • AUD(Auditing and Attestation)
  • REG(Taxation and Regulation)

科目名称は現行試験科目と同様ですが、試験範囲には改定が入る可能性があります。詳細な試験範囲は未発表です。

Disciplines(選択科目) 1科目

下記3科目から1科目を選択

  • BAR(Business Analysis and Reporting)
  • ISC(Information Systems and Controls)
  • TCP(Tax Compliance and Planning)

出題領域の変更

昨今のビジネスモデルを踏まえ、IT・テクノロジーに関する出題が増えることが予想されております。

科目合格実績の引継ぎについて

現行試験でFARに合格➔新試験の必須科目:FARに引き継がれる

現行試験でAUDに合格➔新試験の必須科目:AUDに引き継がれる

現行試験でREGに合格➔新試験の必須科目:REGに引き継がれる

現行試験でBECに合格➔新試験の選択科目:BAR/TCP/ISCに引き継がれる

科目合格の有効期間(18カ月間)は、新試験制度にも引き継がれ、期間の延長や短縮はございません。

新試験制度移行直後は、過去問もなく対策がしにくくなることが予想されます。今、USCPA取得を検討されている方は、

現行の試験制度で 全科目合格を目指しましょう!!


キャンペーン締切は5月31日まで


▼▼試験制度やキャンペーン、USCPAについての詳細は説明会で▼▼