本ウェブサイトでは、Cookieを利用しています。本ウェブサイトを継続してご利用いただく際には、当社のCookieの利用方針に同意いただいたものとみなします。

9/18(土)オンライン特別イベント 「MBA卒業生に聞く、実践CVC活用法」 ~建設会社・損保会社・シリコンバレーの連携による価値創造とは~

  • 2021/08/21
  • ニュース

事業会社によるベンチャー投資の実例

日本企業によるイノベーションへの熱量が高まっています。
これは、自らイノベーションを起こすスタートアップ企業に限った話ではありません。

大企業であっても、コーポレートベンチャーキャピタル事業(CVC)などを通じて、
米国シリコンバレーなどから新しいテクノロジーを取り込み、事業のイノベーションとリノベーションを推進する企業が増えています。

マサチューセッツ大学(UMass)MBAプログラム事務局は9月18日(土)13時から、
UMassMBA卒業生で実際にCVCに携わった卒業生2人を招いた特別イベントを開催します。
テーマは「MBA卒業生に聞く、実践CVC活用法 ~建設会社・損保会社・シリコンバレーの連携による価値創造とは~」。

一般的なシリコンバレー論やCVC論にとどまらず、具体的にこれらを事業展開に活かすのかという実践の側面に焦点を当て、
UMass MBA卒業生2人の登壇者と一緒に「勝ち筋」について考えます。
UMass MBAプログラムの椎名則夫講師がモデレーターを務めます。

UMass在学生、卒業生向けのイベントですが特別にご招待いたします。
みなさま、ふるってご参加ください。

投資はもちろん経営的視野を広げたい方に

こんな方はぜひご参加ください。
・コーポレートベンチャーキャピタルに興味がある
・マサチューセッツ大学MBAプログラムの卒業生がどのような業界で活躍しているのか生の声を聴きたい
・企業経営について知見を広げたい

特別イベント詳細

日時・開催場所

2021/9/18(土)13:00-15:30(オンラインで自宅などどこからでも参加可能)

質疑応答の時間も設けます。ぜひふるってご参加ください。
匿名のご質問も可能です。

ゲスト

 
鈴木 智洋(すずき・ともひろ)氏
MS&ADインシュランスグループホールディングス
総合企画部イノベーション室 課長

早稲田大学商学部卒。保険会社のIT部門、企画・R&D部門等を経て米国シリコンバレーに駐在。現在は東京本社でオープンイノベーション推進を担う。2016年12月USCPA(米国公認会計士)合格、2019年マサチューセッツ大学MBAプログラム卒業。
 
竹内 秀和(たけうち・ひでかず)氏
鹿島建設関西支店建築部生産推進サポートグループ グループ長

神戸大学工学部建築学科卒。1992年鹿島建設株式会社入社。建設現場の施工管理を担当。1999年に1級建築士取得。2001年から鹿島ヨーロッパ社へ出向。オランダ、チェコ、ポーランドで主に生産施設の建設にPM/PDとして従事。2007年に帰国後、ホテル等の現場所長を経て、2020年4月から関西支店建築部生産推進サポートグループのグループ長として現場のICT化推進に努めている。2020年2月マサチューセッツ大学MBAプログラム卒業。

 

モデレーター

 
椎名 則夫(しいな・のりお)講師
早稲田大学政治経済学部政治学科卒。米シカゴ大学MBA。
都市銀行にて法人融資と証券投資に携わった後、外資系資産運用会社にて証券アナリストとして多業種の投資調査および運用を行う。外資系証券会社での市場リスク管理業務にも従事。
◆基礎課程担当科目:ビジネス財務分析 Business Financial Analysis

定員・費用

先着50名・無料